すべての海ゴミを楽器に♪   (焚火音楽隊)

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギターの歴史

注意この記事はでたらめが多いです。いやデタラメ(^^♪
独断と偏見で出来た記事ですので鵜呑みにするとえらい事になります。
20060208231522.jpg

場所はアメリカは西部の荒野焚火の前でカウボーイがギターを爪弾く
そう、ちゃんと文献を調べればもっと前だと思いますがこんな所から始めましょう。

まだ電気が普及していなかった頃人は自然に地球にやさしい生き方をしていた。
そしてギターは持ち運びがしやすくピアノに比べれば安かったのでしょう。カウボーイは焚火の前で1日の終わりを音楽とコーヒーで締めていた。もちろんTVでもなくパソコンでもなく音楽とおしゃべりだ。

そのころのギターは俗に言うパーラーサイズが主流で軽く小さかった。
焚火のぬくもりが届く範囲の人々に音が届けばそれでよかったのだ。

つづく

スポンサーサイト

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takibiongaku.blog24.fc2.com/tb.php/133-83982c2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

焚火音楽亭イトケン

Author:焚火音楽亭イトケン


疲れ切った楽器使いの大人の皆様
「そんな仕事は機械にまかせて
旅に出ませんか?」
(^^♪
ホームページ




リンク

カテゴリー

ゲストブック

ブログ全体のご意見いただければ
幸いです(^^♪


アースマラソン応援バナー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
MIRC潮汐情報
全国の潮汐
月齢カレンダー
瀬戸内海の海洋気象情報

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。