すべての海ゴミを楽器に♪   (焚火音楽隊)

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方の友からのお知らせが旅心に火をつけた 其の三

この日記は先週西方の旅を振り返っての日記です。
翌朝豪雨は去りさあ、出発となったがハプニングがあり1時間ほどロスをする。
ハプニングの内容はwebには書けないので興味のある人はいつか焚火の前でお話しましょう(^^♪
今日も瀬戸内海沿岸のビール補給地をチェックしながら海沿いを走る。

20080112_10.jpg幹線道路から離れ海を目指すと鹿久居島が見えてきた。
陸から見るのは初めてである。夏場に見る海より透明度は高い。
冬でも穏やかな日なら船旅がしたいな思う。

小さなアップダウンをくりかえし
海を左手に進んでいると
小さな港で道が途絶えた。

漁師さんが「ここで行き止まりですよ」と笑う。「どこから来た?どこへ行く?その荷物はなんだ?」
お決まりの質問を受けてお決まりの答えを言い。「気をつけて」とお決まりの言葉をいただく。
すこし引き換えし峠越えの道を行く。海沿いの道はけっこう大変なのだ(^^♪

20080112_11.jpg峠を越えれば日生だ。”ひなせ”と読む。
”ひなま”と読んではいけない(●^o^●)

20070509153047.jpgここはいつも船旅の時の出艇地
ここに自転車でこようとはと思いながら
昼ごはんを食べた

電車で来れば半日もかからず来れるのに
須磨から日生までJRで¥1560だったと思う
もう海沿いのビール補給地チェックをしていたのでは
明日までに広島につかなくなるので海から離れて2号線を西へ

20080112_12.jpg岡山県で野宿地を探しながら走行していると
かなり暗くなってしまった。
明日は成人式のため広場的なところは式典の用意がされていて
密かに野宿は難しい
倉敷には美観地区がありそこで野宿するわけにもいかないので
やれよれと思いながら夜道を行く

大きな河を渡り河原を見つけそこで倒れるように眠りについた。
いい加減に寝袋にもぐりこんだため夜中に寒さで目を覚ます。
しっかりと寝袋に入りなおし再び眠りの世界へ
トイレに行きたかったがあまりにも寒いので朝まで我慢して眠りについた。

つづく
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takibiongaku.blog24.fc2.com/tb.php/522-a44cc72e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

焚火音楽亭イトケン

Author:焚火音楽亭イトケン


疲れ切った楽器使いの大人の皆様
「そんな仕事は機械にまかせて
旅に出ませんか?」
(^^♪
ホームページ




リンク

カテゴリー

ゲストブック

ブログ全体のご意見いただければ
幸いです(^^♪


アースマラソン応援バナー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
MIRC潮汐情報
全国の潮汐
月齢カレンダー
瀬戸内海の海洋気象情報

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。