すべての海ゴミを楽器に♪   (焚火音楽隊)

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅に出た太鼓

292054865_133s[1]今頓挫中の「南の島でドン!」計画
そのために叩けば音が出る太鼓を作って
無人のはまで太鼓アンサンブル
ドラムサークルをすれば楽しいのじゃないかと
シーカヤックのデッキに載せても
風の影響が少ない
折り畳みの太鼓を製作した。

参考にしたのがアフリカのリズムを刻むケンケニという太鼓
http://www.info-niigata.or.jp/~junjun/dun/bd-19/bd-19.html

このサイズから初めてこれより一回り大きいのを作り
ジャンベ型の物も作った。

しかし、騒音の問題が起こり
この計画は座礁した。なんか80dBを越えると条例に引っかかるらしい。

1年間この太鼓に触らなかったので太鼓が可哀想になったなと思ったとき
南の島の子供の顔が頭に浮んだ。

ゲストハウスをしている夫婦の小さな子供で
何故か私がギターを弾くと寄って来る
”そうや!このケンケニ型の太鼓はあの子にあげよう!”と思いついた。


そしてこの太鼓は今、宮古島の来間島の「HOTEL ハイビスカス」にあるんだな。
http://www2.miyako-ma.jp/hibiskas/aisatu.html

父親はジャンベマン♪いつか親子共演がみたいものだ。

それまでには何らかの形で「南の島でどん!」計画を軌道に乗せたいものだ♪♪
スポンサーサイト

コメント

テレビも下らんことばかり取材せんと、ケンちゃんさんの「南の島でどん!」計画でも、ドキュメンタリーで取材すりゃ、ええのにな。島の子供に太鼓(太古)を上げる、ええ話だ。

オギテツ

ogitetsuさん

曇りなき眼で見られると弱いものがあります(^^♪
やっぱり素直な気持で音楽をするのが1番と教えられますね。

どうも。リャンZ、うけました(笑)。

読んでいて興味がわいたので、今、ホテルのHPも見せてもらったんですが
写真の人たちの笑顔がいいですね。

ここに来ると、なんか暖かい気持ちになって安らぐんですが
海外赴任中の私にとっては
逆にホームシックを誘うんですよね。

まだ、先は長いです。

ホームシック

帰る場所があるということはいいですね。
待ってくれる人がいるということですもんね(^^♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takibiongaku.blog24.fc2.com/tb.php/810-a0009bd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

焚火音楽亭イトケン

Author:焚火音楽亭イトケン


疲れ切った楽器使いの大人の皆様
「そんな仕事は機械にまかせて
旅に出ませんか?」
(^^♪
ホームページ




リンク

カテゴリー

ゲストブック

ブログ全体のご意見いただければ
幸いです(^^♪


アースマラソン応援バナー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
MIRC潮汐情報
全国の潮汐
月齢カレンダー
瀬戸内海の海洋気象情報

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。